FIREWATER

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

出口がない

f0235727_20233199.jpg
2007.10.3
僕は描いている時、色んなことを考えます。
考えながら描いているわけだから、きっとその考えが反映されている気はするんだけど、どうなんだろう?
シンガーは、自分の思いを詩にできます。それは直接的でつたわりやすい。
絵の中にそんな直接的な思いを書きこもうと試みた作品です。
日本語で、絵として成り立つのか不安だったので、絵の邪魔にならないように小さくめだたないように、でもはっきりと書きこんでいきました。
浮かんだことを、衝動的に絵に書きこむことはよくありましたが、細い筆を用いてじっくりと書くというのは初めての試みです。
慎重に書いていくにつれ、その思いは最初頭に浮かんだときの新鮮さは薄れていきます。そして丁寧に書けば書くほど自分の思いとはかけ離れていった気がします。そのせいもあり、自分の思いを書いたようには思えないので、とても客観的にその文字を見ることができて、俺はいったい何を考えているんだ、と困惑してしまう。そして、よくこんなしょうもない事を長い時間をかけて書いたなーと感心してしまいます。

この画像では、そのフレーズを読むことができないので、いくつかを紹介します。
”部屋を出た” ”ダンボールがよく切れる鍵” ”今日は満月” ”時間はのびる” ”治療がはじまり才能がかれていく” ”止まっている時にしなければならないこと” ゆがんだ感情が小さな体の中でうずまく” ”酒の副作用” ”たぶん今日、明日中に閉じてしまうので早めに、注意深く、タイミングを見計らってください”などなど。

きっと関係してると思うんだけど、この年の八月にダリ展にいきました。落雷をうけたような衝撃で、札幌の街をさまよい歩いてしまった。オーガニックレストランに入り精進料理を食べ、古着屋で子供のTシャツを二枚買い、最後は夜の豊平川でビールを六本飲みました。
いやーー、すごかった。
[PR]
by firewater19780530 | 2010-11-17 21:37