FIREWATER

お知らせ

新しい記事は下にある、かも
   ☟
   ☟
   ☟

その①
LiLLiput内に僕(三浦)のギャラリーのようなものができあがりつつあります。
営業はLiLLiputに準じます。
次回営業予定、
8月18(土)、19(日)です。
今まで複製でしか発表していなかった作品の原画を、多数展示、販売しています。
F3のキャンバス(A4くらいの大きさ)で、壁一面に飾ってます。
興味ある方は、是非見にきてください。
作品が出来上がった経緯なども、説明できると思います………




LiLLiput
札幌市西区山の手3条5丁目1-3
11:00~18:00


その②
FAbULOUS(ファビュラス)というカフェの奥にある
「hanaagura」というギャラリーで、絵を置かせていただいてます。
札幌市内中心に20名以上の作家の作品が、ところ狭しと展示されています。
そんな空間を意識した作品を、5、6点展示、販売しています。
LiLLiput内にあるギャラリーとは、雰囲気の違う作品を展示しています。
興味のある方は、是非足をお運びください。

 


ギャラリーは基本13:00~18:00とカフェと時間が異なります。
(何かしらのご用事でお休みしていることもあるようです。)

FAbULOUS(ファビュラス)
〒060-0051 札幌市中央区南1条東2丁目3-1 NKCビル1F
TEL: 011-271-0310  // FAX: 011-271-0390

URL: http://www.rounduptrading.com/

地下鉄東西線バスセンター駅3番出口から徒歩1分
大通駅34番出口から徒歩5分

カフェ&レストラン / Open 8:00 ~ Close 23:00 (LO22:30)
ファッション&インテリア / Open 11:00 ~ Close20:00

[PR]
# by firewater19780530 | 2018-12-31 15:27

ロックンロールサーカス


f0235727_17083736.jpgf0235727_17075766.jpg



















左 2002.9.6
右 2017.11.5
偶然立ち寄った古本屋で、雰囲気のある絵が表紙の仕掛け絵本があった。
高かったので買うつもりはなかったんだけど、中身を見てみたかったので、店員を呼んで、袋詰めされていたものを開けてもらった。
サーカス小屋を絵本に仕立てたものみたいで、開いてみるとステージで芸を披露するサーカス団、それを見守る観客、オーケストラの演奏者が立体的に表現されます。
1888年にドイツで出版されたらしく、初版本はニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されているそうで、ここで販売されているのは1983年に復刻版としてアメリカで限定販売されたものらしい。

迷った末に…………

……………買ってしまった!

最近はあまりなくなったけど、こういう自分のキャパシティを越えた買い物を昔はよくしていた気がする……。

そうやって買ったものの中には、結構失敗もあったけど、今でも大事にしているものも沢山ある。

この絵本”INTERNATIONAL CIRCUS”は、今でも大事にしている僕の宝物です。

好きなものは描きたくなる。
当然の成り行きとして、それをもとに絵を描きました。
模写ではなく、自分風に、ロックンロール的に。

僕のギャラリーに、絵本も飾っています。(非売品)





[PR]
# by firewater19780530 | 2018-08-19 14:36

本に埋もれた部屋

f0235727_12223875.jpg
f0235727_12235807.jpg
左 2001.8.25
右 2017.11.4

僕は本が大好きです。

長い物語を読み終えると、何かが変化します。
自分が変わったのか、自分と作者との関係が変わったのか、世の中に対するものの見方が変わったのか、うまく言葉では説明できないけれど、何かが変化する。
本だけじゃなく、音楽やアートなんかは、自分が生きていくにあたって、なくてはならないもので、経験する度に何かが変わっていく感覚がある。

僕の部屋には、小説、写真集、画集、CD、レコードなんかが溢れています。これをなくして、自分の人生は考えられない。

そうやって、自分が受け取ったものを、自分の絵の中にうまく置き換えていくことが、僕の目標です。





























[PR]
# by firewater19780530 | 2018-08-18 11:47

飛ぶのが怖い

f0235727_13524827.jpgf0235727_12555745.jpg




















左 2001.8.30
右 2017.11.2

2001年、川沿いのアンダーグラウンドな部屋で、黒いクマと暮らし始めました。


[PR]
# by firewater19780530 | 2018-07-29 15:53

HANGRY★

f0235727_0154332.jpgf0235727_11494944.jpg



















左 2001.10.1
右 2017.11.2

今、自分のギャラリーには、過去に描いた作品のセルフカバーが沢山飾ってあります。
昔から、自分の作品の模写をやってみたいという考えは常にありましたが、自分自身のギャラリーを構えるにあたって、今がまさにその時だ!という感覚がありました。

色々中断をはさみながら、半年で50枚ほど。2000年から2005年あたりの作品を順不動に描きました。
まだまだ先は長いですが、とりあえず模写した順に紹介していきます。

まずは、”ハングリー★”です。

僕は、ブルース.スプリングスティーンの”ハングリーハート”が大好きです。


    ボルティモアに妻と子供がいたんだけど、
    俺は車で出て行った、そして二度と戻らなかった。
    流れてく川みたいに、行き先なんて考えてない。
    間違った道を選んだんじゃないか?でも、もうこのまま進むしかないんだ。

    みんな、飢えている。
    みんながハングリーなんだ。
    ハングリーじゃない奴なんていない。
    そんな奴は、自分を偽っているだけだ。
    代償を払って、得たものは何だ?
    いいか?結局お前らは、ハングリーなんだよ。







[PR]
# by firewater19780530 | 2018-06-06 12:46